Top > ゲームについて

ゲームについて の変更点

&size(8){このページは、[[AssettoCorsaのWikipediaのページ>http://en.wikipedia.org/wiki/Assetto_Corsa]]を訳しています。};
*開発経緯[#development]
Assetto Corsaは、非常にリアルなドライビング体験を提供するように作られており、シングルプレイとマルチプレイが可能です。ゲームでは正式にライセンスを取得した車やトラックが使用可能で、その車やトラックはレーザースキャニング技術を用いて作られています。より漸進的にドライビング体験をアプローチすることを好むプロのシムレーサーやゲーマーにとっても、またゲームで多くの車やトラックを収集するような愛好家にとっても、期待を満足させることができるように大幅にカスタマイズや変更ができるような作りになってます。
#br
Kunos Simulazioniは、netKarProとFerrari Virtual Academyの開発で得た経験を通してAssetto Corsaを製作しました。元になった両方のタイトルは、その高度な物理モデルと車両ダイナミクスで最高のひとつとして注目されています。 Kunos Simulazioniはヴァレルンガサーキットに彼らのR&D事務所を構え、実際のモータースポーツに緊密に位置して実践的な知識を獲得しています。ゲームは、国際的なサーキット、世界的ブランドの車、レーシングプロトタイプ、歴史的な車、シングルシーターの車、史上最も象徴的な車などの演出を含み、完全なレース体験を備える事になるでしょう。 [[[2]>http://www.assettocorsa.net/features/]]
#br
Assetto Corsaでのテクノロジーは、時間をかけて大幅に進化ました。 まず2010年に自動車クラブ"デ·イタリア"での自動車学校プロジェクトとともに開発をスタートさせました 。 2011年には、KunosはUnityエンジンでのゲームの開発に移りました。しかし、外部のintegrabilityの制約ーModに優しくないーのために、また、長いロード時間のために、彼らはそれを手放す事にしました。最終的には、完全に社内独自の組み込みエンジンをスクラッチする事になりました。 2011年の終わりの事でした。[[[3]>http://www.indievault.it/2013/02/12/assetto-corsa-online-il-talk-di-kunos-alla-ggj/]]
#br
ゲームは複数のプログラミング言語でコーディングされています。C++はシミュレーション部分に使用されており、GOはマルチプレイのネットワーク処理に使われています。 ユーザインタフェースとランチャーのコアはC#でコーティングされています。インタフェース自体はHTMLでできており、ユーザはインターフェースを修正できるようになっています。 Pythonは即座にシミュレーションデータを取得するためのプラグインを開発するために使われています。 APIはグラフィックスにDirectX 11、 サウンドにXAudio2、そして衝突検出と剛体物理にODEが使われています。[[[3]>http://www.indievault.it/2013/02/12/assetto-corsa-online-il-talk-di-kunos-alla-ggj/]]
----
&size(20){''デモ版''};
Assetto Corsaのテクノロジープレビュー版はプレイアブルなベンチマークソフトとして、2013年2月22日にリリースされました。このソフトでは、一台の車(ロータスエリーゼSC )と1つのトラック(イタリアのMagioneにあるアウトドローモdell'Umbria)を使用する事ができました。また、フリー走行とタイムアタックの2つのモードがプレイできました。 プレビュー版のメインの目的は、そのエンジンを体験してもらって、テストのフィードバックを報告してもらう事でした。プレビュー版をプレイするにはnetKar Proのライセンスを所有する必要がありました。 最終バージョンの0.9.9は、2013年3月15日にリリースされました。[[[4]>http://simautosport.com/2013/03/15/technology-preview-0-9-9-released/]]
#br
----
&size(20){''アーリーアクセス版''};
アーリーアクセス版は2013年11月8日にスチームを通してリリースされました。このサービスは、不完全ながらもプレイできるベータバージョンとしてリリースされました。これは最終的な製品版に向けてのテストとフィードバックを行うためのもので、ベータ版のユーザーはデベロッパーへの資金提供に役立てるために購入してプレイする事になります。アーリーアクセスプログラムの一環として、最初のリリース後は、2週間おきに新しい車やトラックや機能がアップデートされ、新たなコンテンツや改良を追加して利用できるようになります。
#br
----
&size(20){''Mod''};
本ゲームは、MODによる拡張をサポートし、ユーザー自身で追加の車やトラックの大規模な修正や作成ができるように設計されています。 ゲームに付属される特別なWYSIWYGエディタは、3Dモデル(FBXファイル形式)をインポートできます。これは使いやすさに重点を置いており、作り手はオブジェクトのプロパティとマテリアルシェーダを割り当てることができるようになります。エディタは単一のゲームのモデルファイルをエクスポートできますが、すでにエクスポートされたファイルのオープンやオブジェクトの追加は許可していません。

またこのゲームでは、テレメトリやインターフェイスの機能強化などの目的で使用する場合に、Python、C++、C#で記述されたサードパーティーのウィジェットやプラグインの追加をサポートしています。

*システム要求スペック [#SystemRequirement]
|CENTER:項目|CENTER:最少構成|CENTER:推奨構成|h
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):プラットフォーム|>|CENTER:Microsoft Windows|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):OS|Windows Vista SP2 32-bit|Windows 8 64-bit|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):OS|Windows Vista SP2, 7, 8, 8.1|Windows Vista SP2, 7, 8, 8.1|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):CPU|AMD Athlon X2 2.8 GHz,&br; Intel Core 2 Duo 2.4 GHz|AMD Six-Core CPU,&br; Intel Quad-Core CPU|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):メモリ|4GB|6GB|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):HDD|15GB|20GB|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):グラフィックスハード|DirectX 10.1&br; compatible graphics card&br; with 512 MB RAM&br; (AMD Radeon HD 3870,&br; Nvidia GeForce GT 220)|DirectX 11&br; compatible graphics card&br; with 3 GB RAM &br;(AMD Radeon HD 7870,&br; Nvidia GeForce GTX 660)|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):HDD|15GB|30GB|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):グラフィックス|DirectX 10.1&br;(AMD Radeon HD 6450,&br; Nvidia GeForce GTX 460)|DirectX 11&br;(AMD Radeon 290X,&br; Nvidia GeForce GTX 970)|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):DirectX|Version 11|Version 11|
|BGCOLOR(#555):COLOR(White):入力デバイス|>|キーボード、マウス、ジョイパッド、ジョイスティック、ステアリングホイールなどの&br;MicrosoftDirectInputによって認識される任意のゲームデバイス。&br;NVIDIA 3Dビジョン、TrackIR-Pro、OculusRiftが利用可能。|

*コメント [#Comments]
ここは閲覧者の善意により、情報が提供されています。
丁寧なコメントをお願いします。
----
#pcomment(,reply,10,)